ユーチューブのbanに関する知識とそのガイドラインについての知識

やり方

好きなユーチューバーや動画がある。
頻繁に見ていたのにある日見ることができなくなっていたなどという経験をお持ちの方もおいでかもしれません。
そのような場合に考えられること。それが「ban」なのです。
そこでここでは、banについてみておきましょう。

banとは何のことを言うのか

簡単に言えば利用停止処分をユーチューブ側から受けた。ということになります。
ガイドラインがいくつか設けられており、それに抵触した可能性があるとこうした処分をなされるのです。

著作権に抵触した場合

まず最初に著作権です。
テレビの画像を使った・動画を流してしまったという場合から音楽に関してまで著作権があるものを動画として投稿をするとこのような処分がなされます。

コミュニティガイドラインに抵触した場合

このコミュニティガイドラインとは、ユーチューブ側が健全な視聴ができるように敷いているものです。
簿力的な発言やコンテンツさらには差別的な内容が含まれている。
アダルト要素があるなどがその分かりやすい一例となります。
著作権は明確ですが、ラインがわかりにくいかもしれません。

停止処分について

この処分ですが、すぐに永久的な動画投稿ができなくなるというわけではありません。
基本的には「3回」抵触をするとアカウントが停止しされます。
違反を行わずに半年が経過した後でスト、アカウントそのものが良好な状態に戻すということもできます。

もし、自らが動画投稿をしてみたいという方は子供でも不快に思わず見られるものや家族でも見ることができるもの。
という点を抑えていただくのが良いのではないでしょうか。

ユーチューバーのbanについてのまとめ

今では、その規制体制も厳しくなりつつあるというbanについてみていきました。
動画にアクセスできない理由さらには、自らがもし投稿するのであれば気を付けたい部分というものが見えてきたかと思います。
通報機能などがあるユーチューブですが、いわゆるアンチ活動の一環として行っている人たちも一定数はいるとユーチューブ側は把握しているのでこのことも知っておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました