収入の仕組みから年収などユーチューバーについて詳しくなろう

みなさんは「ユーチューバー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
今ではテレビにも出演するほど注目を集めている存在となりました。
ではここで、ユーチューバー年収やその収入を得る方法そしてユーチューバーになるには?など幅広く見ていくことにしましょう。

ユーチューバーの収入源について

無料で見ることもできるユーチューブ。
どうやってユーチューバーは収入を得ているのでしょうか。

まずは「広告収入」です。
実際に動画を見たことがある方であればお分かりかと思いますが見ている際に広告のようなものを見かけたという方もおいででしょう。
これが収入源の1つとなっているのです。

次に「スーパーチャット」です。
そう聞いても良く分からないかもしれません。
ユーチューブは動画ばかりではなく、生配信などという形でも利用できるシステムです。
この配信中に視聴者が簡単に言えば寄付をできるというものがスーパーチャットなのです。
スーパーチャットで1回に数万円を投げるという人も出てくるような人気ユーチューバーもいるのです。

そして「チャンネルメンバーシップ」です。
メンバーシップは月額490円で、好きなユーチューバーのメンバーになることでそれを支援できるという機能になっています。
メンバー側にもバッジ・絵文字といった特典が付与されますのでアプリに課金するような感覚でユーチューバーを応援できる。
そしてユーチューバーも収入につながるというわけです。
ただこれには1つ条件があり、チャンネル登録者数が3万人を超えたら利用できるようになっています。

ユーチューバー平均的な年収とは

ユーチューバーと一言で言っても多くの人がいます。
ですので、まずは平均的な年収についてみておきましょう。
大体の平均年収は何と800万円。
かなり高いほうといえるのではないでしょうか。
といったもこの統計は動画再生回数が多い人たち100人の推定年収です。

年収の詳細を知ることができない

本人は当然把握していますが、私たちがユーチューバーのはっきりとした年収を把握することはできません。
なぜなら、自分の収入額の公開というものはユーチューブ側の規約により禁止されているからなのです。

再生単価について考える

ユーチューブの場合、動画を1回再生してもらうごとに収入が発生します。
というと、かなり多くの再生回数を持っているユーチューバは大きな収入を得ているのでは?と思われるでしょう。
1再生当たりの収入額は0.1円。
10万回再生されたとしても10000円なのです。
ですので、すぐに高収入を得るのは少し難しいかもしれません。

もしも自分がユーチューバーになったら

ここまで見ていくと自らユーチューバーになってみたいという方もいらっしゃるかもしれません。
どなたでも始めていただけるものの1つではあるものの、すぐに稼げるというわけではない・人気になるわけではないということは先でお分かりいただけたかと思います。
それを前提としてユーチューバーに転職するポイントやメリットやデメリットも知っておくのが良いかと思います。

ジャンルを抑えるて機材の準備を

編集から動画の切り抜き作業などを行うわけですので、機材というものは必要になります。
パソコンや画質にこだわるのであればカメラ類や照明類。
音声ソフトや編集ソフトが必要になってくることもあるでしょう。
生配信の場合においてもスマートフォン配信もできますが、パソコンからの配信をしたほうがジャンルも広がりやすいといわれています。

人気ジャンルについて

そしてジャンルです。
一般的に収入を得やすいジャンルというものがありますのでそれらをチェックしてみると良いでしょう。
・ゲーム実況
・キッズ系
・製品紹介
・チャレンジなど人を引き付けるもの
などが人気です。
特にキッズ系の需要は大きいのです。

ユーチューバーのメリットとデメリットについて

メリットはやはり時間にとらわれないということではないでしょうか。
自らのタイミングで動画を投稿したり配信をスタートさせることができます。
人気ともなれば企業から「〇〇までに」などと製品紹介を依頼されることはあるかと思いますが、作業そのものは家でもできるのでそうした意味愛でのストレスは少ないかもしれません。

また、すきなことがあればそれをユーチューブという場所で特化させることによって人気を得られる可能性もあります。
コマーシャルで「好きを仕事にする」などというものが流れていましたが、まさに好きなもので収入を得ることができる職業であるといっても過言ではないでしょう。

逆にデメリットとして考えらるのは、やはりあまり不定期な動画や配信頻度では安定的な収入を得ることは難しくなっています。
いわゆる「トップユーチューバー」といわれる人たちは毎日動画を投稿しているという方も多いのです。
コツコツと動画を作成したりストリームを続けるという気持ちがない方にはこうした側面はデメリットに感じられるかもしれません。

先に年収の高さに驚かれた方もいらっしゃるかと思いますが、そこに至るまでは収入がないという時期も当然ながらあるわけです。
固定的な月収制度というわけではありませんので、不安定な収入となります。
これもまた、人によってはデメリット感じる方もいらっしゃることでしょう。

抑えておきたい人気ユーチューバー

・はじめしゃちょー
男女から大きい支持を得ているユーチューバーの1人です。
いわゆる「やってみた」動画などが注目を集めています。

・ヒカキン
この方の名前はテレビなどでも見かけることもあるでしょう。
トップといってよい人気であり、製品紹介からやってみたさらには歌をリリースしたリベット動画を作ったりとジャンルも幅広く、大人ばかりではなくお子様からの人気という点でも抜群なものがあります。

・木下ゆうか
かわいらしさが注目となった女性ユーチューバー。
細い身体で大食いをするというそのギャップで人気となったユーチューバーです。

・フィッシャーズ
7人組のユーチューバー。
明日れ地区動画からどっきり動画などそれぞれの個性を生かした動画が「面白い」人気を呼んでいます。

・キッズライン
姉弟のキッズユーチューバー。
子供からの支持層が強く、ファミリーで見ているという方も多いのです。
毎日配信をしています。
おもちゃ紹介なども行い、日常に寄り添ったスタイルがその人気の理由となっているようです。

・ヒカル
派手にお金を使うという特徴があるユーチューバー。
炎上系などといわれてはいるものの、その派手さが魅力となり注目を集めています。

・Kan & Aki’s
お子さん4人のユーチューバー。おもちゃ・知育菓子のレビュー動画から家族でのお出かけ動画などが人気となっています。

ユーチューバーについてのまとめ

ユーチューバーの収入に関することからもし自分がなるなら?さらには今人気のユーチューバーなどを紹介していきました。
これをきっかけによりユーチューバーについて詳しく知ると、また楽しさが変わってくるかもしれません。